カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    SUNA

    • Author:SUNA

    • * * * * * * *
      茨城県在住。
      ゲーマー兼活字中毒患者。
      マスキングテープマニア。
      ただいま求職中。

      独身貴族を謳歌しすぎてそろそろ老後が気になるところ。
      1X年ぶりのエレクトーンが恋人な日々。
      * * * * * * *

      Granado Espada+
      ・トパーズ→ペリドット→アゲート
      ・家門名は「*Harvest」
      ・所属党は「うとう」→「コンシス」→「Loneliness」→「えるぶ旅館」
      ここ最近は週末ログイン状態。
      生カトリ編入でクエストも進むかと思ったが地下室げ面倒で(ry
      バラックの平均レベルを底上げしつつぼちぼちやってます。

      Ragnarok Online
      ・メインはheimdal鯖。
      なんか鯖統合したんですって?
      もうどうしていいかわかんなくて放置状態。

      三国志大戦3
      『SUNA』
      ・二品。
      ・呉スキー。
      ・が、三国志の中で一人だけ好きな人物をあげろと言われたら全力で郭嘉と即答します。
      ・Wolfina氏、風間氏、陸原氏、masaki氏の絵が好き。
      ・大流星使い。
      ・すっかり動画勢。

      beatmania2DX
      『SUNA』
      もうICカードの引継ぎ消えたので思い出したらやる。

      * * * * * * *



カウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  ↑Top Page.

尾瀬ヶ原

2006年08月17日[22:21:59]
そんなこんなで、尾瀬行ってきました。
見事に昨日は筋肉痛でへばってました、こんばんはスナです。
14日のGEのうとう党オフものすごーく後ろ髪引かれつつ行ってきました。
お天気が心配されたのですが、2日とも山に居る間は雨に降られることもなく、よいお天気に恵まれた2日間でした。
ミズバショウで有名な尾瀬沼の方ではなく、今回は尾瀬ヶ原の方へ行きました。
尾瀬沼は以前行ったことあるんですよね。……もう10年以上前ですが(苦笑


さて。
行程としては車で戸倉まで行きまして、そこから乗り合いタクシーで鳩待峠まで移動。鳩待峠から登山開始、というルートです。
鳩待峠から山の鼻猫又三叉路を経由して東電小屋で一泊、というコース。
ゆっくり休憩しながらでも4時間もあれば着いてしまうお手軽コースです。
鳩待峠から山の鼻の山小屋までは峠をくだらなければならないので所謂「山道」を歩くことになりますが、登山らしい登山はここだけ。山の鼻から先はずっと湿原で木道が整備されているので平地を歩くのと何ら変わりがないのです。楽々(’’

P1020005.jpg


写真は木道からの景色。
背後の山は……どっちだ。至仏山かな。ちょっと覚えてないです(汗
月曜日は少々雲の多い日でしたが、逆に湿原を歩くには快適でした。
高度があるので、空気が澄んでいるので太陽光が山はきついんですよね。山で焼ける、というのはそういう事なんです。気温が低くて風が吹いていても太陽燦々だと非常に暑い。

びっくりしたのが山小屋。
「山小屋」というと本格的な登山をしていた父の影響か、「寝袋でオイルサーディンよろしくひとかわ並べに雑魚寝」というイメージがあったのです。
父も当然そう思っていたらしく、両親と私とそれぞれ寝袋リュックに詰めて行ったんです。
最近の寝袋はすごくコンパクトで軽いんですね。登山用品店で見てびっくりしました。
それに対してうちにあるのは私が小学生の頃にキャンプ用に買った寝袋ですので、大方20年前の物。
寝袋自体は別に傷んでもないので新しいのを買わず、古い寝袋をかさ張るのを我慢して持って行ったんです。
そしたら山小屋、お布団がありました…
それどころか、売店で生ビール売ってました
あっても缶ビールかカップ酒だと思ってたのに…。
食事も山の中なのに立派なものが出てきて、父と「これは山小屋じゃなくて民宿だ!」と苦笑してました。
どうやら尾瀬界隈の山小屋はみんなこんな様子だそうです。
ま、確かに車で簡単にこれるし、小一時間ほどある山道も整備されて木道と階段になってますし、その先の湿原はまったいらですしね。
「登山」ではなく「日帰りでちょろっと」という軽装の人たちが随分いました。昨今の登山ブームも相まって初心者でも気軽にこれるようになったんでしょうね。
とにかく。お布団あるとわかっていたら大変な思いして30Lの大きなリュックに寝袋詰めてなんてこなかったのにorz
山小屋には13時頃には着いたのですが、ほかにすることもないし、何やら余計な荷物を持ってきてしまってくやしいやらで(苦笑)、両親と共に真昼間から山小屋の外で絶景を肴に生ビール飲んでました(*ノωノ)

P1020003.jpg


これは東電小屋からの朝の景色。
この、山の朝靄に包まれた景色と空気が大好きです。
昼間は暑くても、真夏でも寒い早朝の山の空気は格別です。
この空気持って帰れたらクーラーいらないのになぁ(’’

P1020004.jpg


こちらはニッコウキスゲ
花の時期自体はもう過ぎているのですが、梅雨が長かったなごりか、群生は見れませんでしたがちらほらと咲いていました。


2日目は雨の予報とは裏腹に雲ひとつない快晴。
太陽光をさえぎるもののない湿原を黙々と歩いて下山しました。
下界(笑)に降りたらニュースは14日の東京大停電と靖国参拝で持ちきりでした。

しっかりと登山靴を履いていったのですが、それが仇になり道中捻挫をした模様でした。1日目の夜、なんとなく足首が痛いなーと思っていたら翌日、見事に歩くと痛いorz
しかし、歩かないと帰れないので気合で歩きました。
そうしたらですね。やはり無意識に足を庇って歩いていたのと、最後の峠のぼりでがっつりきました。筋肉痛orz
日頃の運動不足も原因でしょうねぇ。救いは昨日1日だけで筋肉痛は引いた、というところでしょうか。


まぁ、出かける前は色々ぐちぐち言ってましたが、行けば楽しい尾瀬でしたヽ(・ω・)ノ♪


でもね、登山って辛い思いして登った先に綺麗な景色や空気、達成感が待っているとはいえ、すっごいマゾいスポーツ?だなぁ、とつくづく思ってしまいましたヨ

雑貨など コメント:1 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

コメント一覧
この記事へのコメント◇
『お疲れですた』
今日は休みですかね?
と言ってる俺は盆休みちうですがw
登山か・・・
過去に2度ほど富士山に登ったことがありますが、あれは楽じゃないねw
夏の時期に上ってるのに、頂上は寒いw
降りたときの温度差が怖いんですけどね。半端な格好では、ムリポ安定です。
もっとも、最初に上ったのは14年前だけど(ぉ
2006/08/18(金) 08:05:29 | URL | どらんく #o3FgimTE[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
トラックバック
  • スポンサーサイト尾瀬ヶ原のトラックバックURLはこちら
  • http://sunacho.blog20.fc2.com/tb.php/90-0e1a5ea9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。